特定健診

特定健康診査

2008年度から、40歳以上74歳以下の被保険者および被扶養者の方に対して、医療保険者の責務として、健康保険組合が特定健康診査の実施義務を担うこととなりました。 特定健康診査(特定健診)とはメタボリックシンドロームに着目し、法律に基づいて生活習慣病の予防と改善を目的として実施される健診です。 医療保険者は、事業主等から健診結果データを受領することにより特定健康診査の実施に代えることができます。 40歳以上の被扶養者の方や任意継続被保険者の方で事業主健診やその他の健康診断を受診する方については、質問票(特定健康診査受診券とともに送付)と健康診断の結果(写し)を健保組合へ郵送していただくことにより、健診結果を受領致します。 特定健康診査の結果から、生活習慣病のリスクが高い方には、健康保険組合より特定保健指導のご案内を送付致します。
特定健康診査の必須項目 問診  身長・体重・腹囲・BMI  身体診察  血圧脂質(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)肝機能(GOT・GPT・r-GTP)血糖(空腹時血糖またはHbA1c) 尿(尿糖・尿蛋白)

医師が必要と判断した場合は、心電図・眼底・貧血の各検査項目が追加されることもあります。

法定対象者

40歳以上74歳以下(75歳の誕生日前日まで)となる被保険者及び被扶養者(任意継続被保険者及びその被扶養者を含む)、かつ1年間を通じて健康保険に加入している方

被保険者は日本年金機構の定期健診により、特定健康診査を実施したこととして取り扱うことができます 定期健康診断の受診結果のうち、特定健診の必須項目については、各事業所から当健保組合に通知されます。

受診方法

健康診断等の実施にあたりまして、株式会社LSIメディエンスへ健診業務を委託します(予定)。 ご案内(特定健診受診券を含む)は、5月中旬の発送を予定しております。健康診査は、「株式会社LSIメディエンスの提携施設における健診」、もしくは「集合契約による特定健康診査」のどちらか一つを選択して受診することとなりますので、ご了承ください。

株式会社LSIメディエンスの提携施設における健診

実施方法

健康保険組合(委託先 株式会社LSIメディエンス)から被扶養者、任意継続被保険者及びその被扶養者へご案内(申込ハガキ、施設健診案内、巡回レディース健診案内等)を5月中旬に送付します。

被扶養者や任意継続被保険者の方は、パート等勤務先における健康診断や人間ドック等(受診券を利用しない場合)の健診結果(写し)を健康保険組合へ郵送していただくことにより、特定健康診査の結果を受領いたします。

受診期間

毎年一回受診していただきます。

<施設健診>

 申込期間 5月中旬~翌年1月末日

 受診期間 6月上旬~翌年3月末日

<巡回レディース健診>

 申込期間 5月中旬~12月末日

 受診期間 6月上旬~翌年2月末日

受診場所

施設健診案内、健診機関名簿、巡回レディース健診案内等にてご確認ください。WEBからも検索可能です。

申し込み

「申込ハガキ、WEB」にて健診を申込み、受診してください(男性は施設健診のみ、女性は施設健診もしくは巡回レディース健診を選択となります)。オプション検査をご希望の場合は、上限3,000円(1項目あたりの上限はなし)の補助額が適用されますので、健診日と同日のご予約をお願いします(人間ドックコースのみ対象外となります)。 受診日程が確定後、株式会社LSIメディエンスより、受診日時、医療機関、健診項目、自己負担金等の情報が記載された健診予約券がご自宅に発送されます。受診日当日は、被保険者証、健診予約券を持参の上、受診してください。

費用負担

施設健診
コース名 平均価格(税込・円) 健保組合補助額 自己負担額
特定健診 7,077 上限10,000 (原則)なし
基本健診A+心電図 11,358 上限10,000 1,358
人間ドック 39,407 上限10,000 29,407

健診料金は各施設の平均価格となりますので、施設によって自己負担額が発生する場合があります。

健診予約後に株式会社LSIメディエンスより送付される「健診予約券」を提示することにより、各施設の健診料金から健保組合補助額を減額した金額にて受診することが可能です。自己負担額は健診予約券に記載されておりますので、必ずご確認ください。

特定健診コースの補助額は、基本的な健診項目のみ受診した場合の金額となります。詳細な健診項目(医師の判断により実施)を受診された場合は、詳細な健診項目についても補助対象となります。

特定健診コース、または基本健診A+心電図コースの受診日当日にオプション検査を受診した場合、オプション検査補助額(上限3,000円)を減額した金額にてオプション検査を受診することが可能です。

巡回レディース健診
コース名 価格(税込・円) 健保組合補助額 自己負担額
巡回レディース健診 13,885 上限10,000 3,885

健診料金は統一価格となります。

健診予約後に株式会社LSIメディエンスより送付される「健診予約券」を提示することにより、各施設の健診料金から健保組合補助額を減額した金額にて受診することが可能です。自己負担額は健診予約券に記載されておりますので、必ずご確認ください。

巡回レディース健診コースの受診日当日にオプション検査を受診した場合、オプション検査補助額(上限3,000円)を減額した金額にてオプション検査を受診することが可能です。

健診結果の通知

医療機関からご本人と当健保組合へ通知されます。

集合契約による特定健康診査

実施方法

健康保険組合が被扶養者、任意継続被保険者及びその被扶養者へ受診券を交付(5月中旬頃)します。

被扶養者や任意継続被保険者の方は、パート等勤務先における健康診断や人間ドック等(受診券を利用しない場合)の健診結果(写し)を健康保険組合へ郵送していただくことにより、特定健康診査の結果を受領いたします。

受診期間

毎年一回受診していただきます。受診券交付日から有効期限まで。

受診場所

特定健診は、契約している全国約50,000カ所の健診機関で受診することができます。受診できる機関は、健康保険組合連合会の特定健診等実施施設検索システムでご確認ください。

パスワード入力画面では、ご加入の健康保険組合名欄に日本年金機構保険者番号を入力し、「検索画面に入る」ボタンをクリックし、ご希望の健診機関を検索してください。 (対象機関は、集合契約「Aタイプ」及び「Bタイプ」どちらも利用できます。)

ホームページが閲覧できない場合には、居住地区近郊の実施機関リストを送付いたします。電話又はFAXで①氏名 ②被保険者証の記号・番号 ③郵便番号 ④住所 ⑤連絡先を健保組合までご連絡ください。

申し込み

病院・診療所等に直接予約し、受診してください。

費用負担

健診機関が決めている料金から、健保組合が補助する金額を引いた残金を、健診機関の窓口でお支払いください。
健保組合が補助する金額
基本的な健診項目(全ての方に実施) 上限10,000円まで健保組合負担
詳細な健診項目(医師の判断により実施) 上限2,852円まで健保組合負担
自己負担の金額
集合契約Aタイプ 全国統一単価(7,020円)の為、自己負担なし
集合契約Bタイプ 各健診機関が設定している健診料金-10,000円
集合契約Bタイプは料金が異なりますので、健診機関にご確認ください。

健診結果の通知

医療機関からご本人と当健保組合へ通知されます。

オプション検査

健康保険組合によるオプション検査の費用補助対象となる検査項目は下記のとおりです。

検査項目
1 肺がん検査
2 胃がん検査
3 大腸 大腸がん検査
4 婦人 子宮がん検査
5 婦人 乳がん検査
6 前立腺 前立腺がん検査
オプション検査は、一人当たり上限3,000円の補助額(検査項目数の制限なし)となります。

(例)Aさん → 自己負担額が4,000円の場合、上限3,000円が補助額

   Bさん → 自己負担額が2,000円の場合、2,000円が補助額

オプション検査の費用補助(実施方法)

健康保険組合の被保険者である職員

日本年金機構(事業主)が事業主健診を委託している医療機関において、オプション検査を受診される場合は、原則として受診時に補助額が減額されます。費用補助の申請は必要ありません。 上記以外の医療機関において受診した場合、オプション検査実施日当日は健診機関へ検査費用を全額お支払い下さい。後日、日本年金機構の給与振込口座へ振込により費用補助が行われます。 なお、健康保険組合の費用補助を受けるためには、オプション検査の費用補助についての同意書(受領委任)を提出していただく必要がございます。同意書の提出方法等の詳細につきましては、日本年金機構本部からの指示・依頼で別途ご確認をお願い致します。

任意継続被保険者・被扶養者

日本年金機構健康保険組合(保険者)が健診業務を委託している医療機関(株式会社LSIメディエンス)において、オプション検査を受診される場合、受診時に補助額が減額されます。

上記以外で、特定健康診査の必須項目が含まれる健康診査とオプション検査を同日、同一健診機関で受診された場合のみ、オプション検査の費用補助を行います。オプション検査実施日当日は健診機関へオプション検査の費用を全額お支払い下さい。日本年金機構健康保険組合へ1.~5.を併せてご郵送いただくことにより、後日、オプション検査補助金申請書に記載のご指定口座へ振込により費用補助が行われます。

オプション検査の費用補助に必要となる書類(健康保険組合へ郵送してください)

体重記録シート

減量の目標は体重の4%(75kgの人なら3kg)を減量すると健診結果はよくなります! 無理のない減量は1ヶ月で-1kg。これで腹囲が約1cm減ります。1日に240カロリー減らすことが目安です。